北海道沼田町

まつりばやしと、ほたるの里


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 部署一覧
  3. 農業商工課
  4. 農業振興グループ
  5. 沼田町の農業概要

沼田町の農業概要

 『沼田農業の持続的発展を目指して・・・』

沼田町農業概要

農業概要
水稲を基幹作物とし、道産米の評価では最高位にランクされ「ななつぼし」や「きらら397」を主に生産しており、話題の「ゆめぴりか」の作付けも行っております。

主要作物としては、土地利用型作物の麦・大豆・ソバ等と、集約的作物の花卉・メロンなどが栽培されており、近年ではブロッコリーや加工用トマトの作付けが増え産地化が図られています。

1戸当りの平均耕地面積は約20ヘクタールと道内の水田地帯の中でも大規模化が進み、認定農業者などへの農地集積が図られています。

グラフと統計でみる農林水産業

「グラフと統計でみる農林水産業(農林水産省サイト)」では次のデータがご覧いただけます。
  • 経済データ:土地面積・人口・世帯数・市町村財政・事業所数等
  • 農業データ:農家数・農家人口・耕地面積・農業産出額・農産物作付け面積・収穫量等
  • 林業データ:林野面積・林家数・樹林地面積等
  • 農村地域データ:農業集落の状況、地域活性化への取り組み状況

雪を利用した農業振興

 環境問題への関心が高まる中、道内有数の多雪地帯である沼田町では、早くから安全で低コストな雪冷熱に着目し、お米を始めとする農産物の生産・貯蔵に「雪」を活用し、付加価値販売を進めております。

雪中米ひとくちメモ

写真:スノークール ライスファクトリー外観
『雪中米』は、収穫されたお米を昔ながらのはさがけ米を手本に自然の風でゆっくり時間をかけて乾燥させ出荷直前に籾摺りを行っています。

夏季の間は、自然の雪(雪エネルギー)を利用し籾のまま貯蔵していますので、新米の味と香りを楽しむことが出来ます。

就農支援実習農場

就農支援実習農場では、農業後継者、新規就農希望者を受入れ、牛舎、椎茸発生棟、選果場、イチゴ栽培ハウス、慣行農産物圃場などにおいて、栽培研修等についての講義などを行い、沼田農業の担い手育成を目的としている施設です。
    • 写真:イチゴ
    • 写真:就農支援実習農場外観